新商品:チャリティー付き☆鑑札・迷子札ケースを追加しました

2015年3月16日 21:49

鑑札ケース

ずっと前から作りたいと思っていた犬猫用の鑑札・迷子札入れをオンラインショップにて販売スタートしました。大切なペットが災害や事故などで迷子にならないように、飼い主さんの連絡先を記したものを装着させることはとても大切です。

以前「受けます!」と書いた愛玩動物飼養管理士の試験に先日無事合格することができました。
試験勉強の他にも動物愛護管理センターや動物愛護イベントに出かけたり、犬猫保護の実態について本を読んだりドキュメンタリーを見たりしました。

動物愛護

この写真は福岡市動物愛護管理センターへ行った時に撮ったものです。人なつこく一目見て純血腫とわかる犬がたくさん、廊下につながれていました。小さな猫がたくさんいる部屋も見ましたが、部屋に一歩入るとケージの中の猫たちが一斉にこちらに手を伸ばして声をあげました。

こうした施設に連れて来られる子たちは飼い主が連れてきた子、捨てられていたり野良だったのが保護された子、そのほかに飼い主とはぐれてしまってお家が分からないばっかりに帰れない子もいるそうです。
「うちの子は外に出さないから」という方もいらっしゃるけれど、震災で迷子になった犬猫もたくさんいるんですよね。鑑札は登録番号が記されていて、これがあればどこにいてもちゃんと飼い主さんを探せるそうです。

鑑札について調べると、市町村でサイズが違うものの大きいし、たしかにこれじゃに首輪に付けにくいなあと思いました。迷子札の場合、ブラブラするようなものは食事の時などに気になりそうです。最初の写真はうちの実家のワンコですが、首輪やリードを付けるにも一苦労のこの子が気にせず付けられるものならOKだろうと考えました。
結果、全然気にしてないみたいです(^^) ちょっと首周りのモフモフに隠れてますけど。首輪も革で手製なのでツートンでカッコイイです。

この鑑札・迷子札ケースは私ができることのひとつということで、売上げの内100円を福岡市動物愛護事業に寄付させていただきます。ある程度たまって寄付をし、証明など受け取った時点でこのブログでご報告するつもりです。

鑑札・迷子札ケースの詳細はこちら

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • ▼当店を紹介して頂いています
    『手しごと暮らし』小松 愛香著

    minne iichi creema